美しい手肌の為の5 Step

5step

あなたの手肌の年齢は?

あなたの手、見られていますよ!

 

スマホやパソコンを使うにも、料理を作るのにも、手を振ったり、繋いだり、大好きな人とのコミュニケーションにも手は大活躍、いつも大忙しです。

 

意外と見られているパーツなのですが、手のケアは何だかなんとなーく行っていて、 お顔のお手入れほど真剣に考えないんですよね。

 

「20代と30代ではお肌は随分違う」なんて話はよく聞きますが、 実は30 歳を境に皮膚の細胞を作るキャパシティが減っていくんです。

子供の傷の直りが大人より早いのは、このキャパシティの差だってご存知でしたか?

なんとその差は1割以上!

 

紫外線や乾燥、ばい菌、さらには掃除や洗濯などで日常的に使用する化学物質にさらされている毎日、 そして頻繁に手を洗うことも乾燥の原因になってしまいます。

その結果、ふっくらとした張りと明るさを失い、年齢を感じさせる筋張ったくすんだ手へと、 どんどん老化が進んでいってしまうのです。

 

お顔をピカピカにケアしても、痩せてシワシワの手ではせっかくの魅力が台無しです!

見た目の年齢を若々しく保つためにはとても重要な『手のケア』

ここでは、健康的で若々しい手肌を保つための5 つの方法をご紹介します。

5step_wash

1. 洗う

過ぎたるは及ばざるがごとし、何事もやり過ぎは禁物です!

 

小さい頃から、手を洗うことは大切だと何度も言われてきましたよね。もちろん細菌やウイルスから守るために手を洗うことはとても大切です。

ですが、肌には常在菌というとても大切な菌が存在しているのはご存知でしょうか。

 

善玉菌と悪玉菌は聞いたことがあると思いますが、「菌=悪」ではないんです。

外部からくる有害な菌と戦ってくれるのがこの常在菌。 「洗う=バリア機能の低下」でもあるんですね。

そして、常在菌(良い菌)がいなくなることで悪い菌の増殖に繋がってしまい、 かえって皮膚トラブルを起こす原因にもなりかねないのです。

 

では、どのように洗ったら良いのか。

大事なのは大切な皮脂まで洗い流さないこと!

 

内側から出るこの皮脂が肌の表面を覆い、水分の蒸発を防いでくれます。

皮脂の分泌が少なかったり、必要以上に洗い流してしまうと手はザラザラ・ガサガサ。 バリア機能も弱くなってしまうのです。

必要な皮脂まで洗い流さない為には、まず衛生的に良かれと思って選んだ強力な抗菌石けんは使わないこと。

ゴシゴシとこすらずにそっとパックするように洗い、熱いお湯や冷水ではなくぬるま湯で洗い流してください。

 

少し意識するだけで、肌を守る油分が根こそぎ流されてしまうことを防げるはずです。

洗ったあとはタオルで包むようにしてしっかりと水分を取り除いてくださいね。

5step_peel

2. ピーリング

手のピーリング、してますか?

 

ピーリングは古い角質を剥がすことで、毛穴がきちんと呼吸できるようになり、 さらには血液の循環を改善、肌色がパっと明るくなりツルンとしたお肌を目指す為の強い味方。

古い角質を取り除くことで、化粧品の浸透も 高くなるのでお家で出来る手軽なスペシャルケアにはぴったりですよね。

 

お顔だけでなく、肘や膝などボディにもお使いの方は多いのではないでしょうか。

見た目の輝きもすぐに実感できるピーリング、 手肌のくすみが気になる方はにはとてもおすすめのホームケアなんです。

 

フランスでは昔から湿らせた手にお砂糖やお塩をつけ軽くこすることでも ピーリングケアをしていたそうですが、 今やジェルタイプやスクラブタイプ、シートタイプなど様々な種類のピーリングがある中、 何を選べば良いのか迷ってしまうと思います。

肌への負担が強すぎないもの、摩擦が起こらないもの、自然由来のもの、 手元のケアはボディ用ではなくお顔用のものをご使用いただくことをオススメします。

 

SAMPARのオススメは『バランシング フォーム ピール

フルーツエキスに5種類のエッセンシャルオイルを配合。

スクラブが入っていないのでお肌に優しく、やさしく泡立てながらお使いいただくピールです。

 

ですが、もちろんこちらもやり過ぎは禁物です。

週1回のスペシャルケアとして、終わった後はお顔と同様にしっかりと水気をふき取り、 化粧水、保湿することも忘れないでください。

 

ピーリング後のケアにオススメなのは、SAMPARの『スキンクエンチング ミスト

全身にお使いいただけるミスト状の美容化粧水。

ゼラニウム、カモミール、ヤグルマギク、ボダイジュ、オレンジフラワー、シアバター、セイヨウハッカ

7種の草花が肌荒れを抑え、みずみずしいお肌へ整えます。

5step_handcream

3. 保湿

ハンドクリームの所持率は女性の9割

 

ドラッグストアを覗けば、本当の様々なハンドクリームが並んでいます。

スマホやパソコンを使うことが多い人は、サラッと馴染む水ベースのローションタイプ。

手荒れが気になる人はオイルベースのクリームタイプなど選び方もそれぞれ。

ですが、いつもバッグや引き出しにに入っているそのハンドクリーム、 その時の乾燥をケアするだけのものになっていませんか?

 

ごまかしの保湿ではないハンドクリームでケアをしていれば、手肌はしっかり水分を蓄え、 ふっくらと柔らかく、そして明るく変わってくるはずなんです。

 

変化として効果の出る化粧品は求めるのに、 ハンドクリームだけその場しのぎの傾向が強いのはなぜなのでしょうか。

例えば、ローションタイプは使い心地が良くてもすぐに蒸発してしまい、 より手肌を乾燥させてしまうことになります。

オイルベースのクリームは一見潤ったように見えても、 手肌の表面だけを油膜で覆っていて保湿成分がしっかりお肌の中まで届いていない場合があります。

また、ほとんどの製品にはパラベンなどの防腐剤が入っており、 お肌が敏感な状態ですとお肌への刺激となることがあったり、

人気の香りのあるタイプでは、人口的な香料も多く使用されているため、 ケアのつもりがかえって刺激やアレルギー症状を引き起こす場合があります。

 

表面ではなく、お肌の内側まで浸透し、中からしっかり保湿をすることが大切です。

 

料理をしたり掃除をしたり、 常に外気にさらされている手はお顔以上に過酷な環境におかれています。

美しい手肌の為のステップの中でも最も重要なポイントが「保湿」

これからはお顔のケアと同じように、こだわりの良いものをしっかりと見極めて ハンドクリームを選んでみて下さい。

 

おすすめはSAMPARの『ファーストハンドクリーム

ボディケアではなくエイジングケア商品として販売されている実力派アイテムです。

今までのハンドクリームの概念を覆す使い心地、 その効果も是非お試し下さい。

5step_handglove

4. 手袋

手袋の習慣で家事をしながらホームエステ

 

年齢を重ねるほど気になってくるのがエイジングケア

手にはお顔以上にエイジングサインが出るものです。

日常のほんの少しの習慣で来年、再来年のお肌は随分とちがってきます。

 

お風呂掃除などで使うゴム手袋、 ゴムによる刺激を抑えるために中が綿仕様になっているものがおすすめです。

食器洗い洗剤の油を落とす力は絶大! さらにお湯なんか使ってしまった日にはガサガサ、ごわごわ悲惨な状態は避けられません。

そんな事態にならないように、化粧水の後にハンドクリームをしっかり塗り込んで、 手袋をすれば、食器洗いの時間がスチームエステに早代わりします。

ハンドケアを行った後、就寝時は手袋をつけていただくこともおすすめです。 潤いをしっかりキープして1日働いた手を休ませてあげてください。

その他、トマトや玉ねぎなどに含まれる成分は意外と手肌を刺激してしまうことがあり、 手のモデルさんなどは料理中は薄いビニール手袋を使用したりするそうです。

夏も冬も外出時はいつも紫外線対策をして手袋をするなどなど、 もしかするとお顔のケア以上に気を使い、その美しさを保っているのです。

 

いつも使う「手」だからこそ、いつでも手袋を使えるわけではありません。 ご自身のライフスタイルで、無理のない範囲で続けて行くことが大切なのではないでしょうか。

5step_nailcare

5. ネイルケア

健康的なすっぴん爪

 

キーボードを打ちながら、料理をしながら、 チラッと見るだけで綺麗なネイルは何だか気分を上げてくれますよね。

ネイルサロンに通う方、ご自身でセルフネイルを楽しむ方、 マニキュアだけでなくジェルやスカルプチュアなど方法も色々ですが、 爪そのもののケアは大丈夫ですか?

爪もお顔と同様に皮膚の一部です。

爪の上の装飾(メイクアップ)をするだけではなく、 日ごろの爪のお手入れ(スキンケア)も忘れずにしてあげて下さい。

変色したり、折れやすくなったり、薄くなったり、そんなトラブルを招かないように、 たまにはしっかりお化粧を落として休ませてあげることも大切です。

 

皮膚細胞の成長を促進する作用のあるフランキンセンスやミルラなど、 エイジングケアにもとても有効な精油を入れたキューティクルオイルでのマッサージもおすすめ。

まずは化粧水などで水分を補給した後、塗りこんであげることで乾燥を防ぎ、 爪を保護、栄養を与えてくれます。

キューティクルオイルと呼ばれるものも多く市販されていますので、 そこに足して頂くのも良いかも知れません。

 

いつの時代も美しい手肌には、美しい爪が必要不可欠です。 ネイルを楽しむのと同じように爪のケアも楽しみながらしっかりとしてあげてください。

いかがでしたでしょうか。

「健康的で若々しくあなたの手を保つための5 つの方法」

 

メイクなどでごまかしのきかないパーツだからこそ、年齢はしっかり現れます。

少し気持ちを変えるだけで、随分と違ってくるはずです。

しっかりケアすれば、お肌は必ず答えてくれます。

今日も頑張っている『手』 日ごろからしっかりケアをしてあげてください。

エイジングケアは難しくない。
SAMPARで新しいスキンケアを見つけてください。

firsuhandcream

ファーストハンドクリーム

 

「ヴィクトワール ドゥ ラ ボテ」のエイジングケア部門において最優秀賞を受賞

ベタベタしないのにしっかり保湿

手の表面を油膜で覆うのではなく、手肌本来の美しさを導くためのハンドクリームです